やりがい希望!システムエンジニアの苦難

システムエンジニアの原動力は、収入よりも「やりがい」だ!

システムエンジニアはクリエイティブな創造力がキモ!

最新の記事

カテゴリー

意外?システムエンジニアはクリエイティブな職種

意外?システムエンジニアはクリエイティブな職種

意外?システムエンジニアはクリエイティブな職種

エンジニアという名のクリエイター例えば町工場が世界で唯一の技術を継承しながら、特種部品では世界シェア第1位を占めているというような例もあるように、職人やエンジニアといった場合、連想するのはその技術の高さや知識の専門性でしょう。しかしシステムエンジニアの場合には、意外にもクリエイティブな面に魅力を感じる人も少なくないのです。

システムエンジニアの創造性

同じ情報産業でも「クリエイター」といえば、ゲームソフトの開発者やデザイナーよりのエンジニアなどが真っ先に思い浮かびます。もちろん歴史上様々に変遷するゲーム(遊び)が、たまたま現代の情報機器の発達と相俟って、ソフトとして人気を博するようになったという背景を考えれば、その「クリエイティブさ」に異論を挟む余地はありません。一方のシステムエンジニアといえば、思い浮かべるのはシステムを設計してそれを実装すべくプログラムを開発する工程を管理して、テストを経てクライアントの使用に耐えうる完成品を納入するという、「技術屋」の側面です。しかしこの仕事内容を実行に移そうとすれば、いかにクリエイティブな職種か、という面が見えてきます。というのもシステム設計の前には、クライアントの中に漠然とある希望や欲求、あるいはそれまでのシステムに対する不満しかありません。従ってシステムエンジニアは仕事を始めるにあたって、クライアントのニーズを正確に聞き取らなければならないのです。またクライアントが真に希望するシステムというものは、クライアントの事業に密接に関わるため、十人十色といえるでしょう。情報化社会へと恐る恐る踏み出した黎明期であればいざ知らず、同じシステムがそっくりそのままクライアントの期待に応えるわけではありません。むしろクライアントにとって使い勝手の良いシステムをオーダーメイドで設計する必要があるのですが、まさにここでシステムエンジニアの創造性が強く刺激されるのです。

創造性を発揮するためには

もちろんシステムエンジニアとして採用されて、いきなりそのようなクリエイティブな経験をすることができるわけではありません。まずは初歩の初歩から、プログラミング言語や製品知識などを幅広く勉強し、先輩などに教えを乞いつつ、色々な技術の特性を踏まえた上で、どんな場合にはどんな技術をどのように使うのか、という状況に応じた判断力を鍛えます。こういった基礎体力を養った上で、初めてクライアントとの相談業務に辿り着きます。もちろんクライアントは経営上の必要があってシステムを導入するのであり、システムエンジニアは、それぞれの経営内容から必要なシステムを洞察できなければなりません。従って基礎体力を養いながら、様々な業界のビジネス情報にも関心を持っておくことが後々の肥やしになるでしょう。

ピックアップ記事一覧

システムエンジニアに要求されるもの

システムエンジニアに要求されるもの クライアントの要望を正しく把握し、要望に沿うシステムを完成させるためには、あらゆるスキルが必要です。 続きを見る

システムエンジニアはフリーランスという選択肢も!

システムエンジニアはフリーランスという選択肢も! 経験と実績、スキルを積み、一人前のシステムエンジニアになれば、フリーランスとして活躍する道も開けます。 続きを見る

意外?システムエンジニアはクリエイティブな職種

意外?システムエンジニアはクリエイティブな職種 システムエンジニアは、技術職でありながらクリエイティブな要素を多く含む仕事のため、創造力が不可欠です。 続きを見る

About me

私は、システム系の企業で8年ほどプログラマ、システムエンジニアとして働き、その後フリーエンジニアとして独立しました。
このサイトは、未経験者や若手プログラマ向けにシステムエンジニアの「やりがい」を伝え、システムエンジニアになるきっかけになればと思って作成しています。

Copyright © 2015 やりがい希望!システムエンジニアの苦難 All Rights Reserved.